双生幻夢:はぐれた時間を探す

忘れかけていたこの町に、千年に及ぶ秘密を知っていた人の皮肉な笑い声がそよ風の中で聞こえてくる双子の伝説があった。

ヴェネッサとサラはこの都市を忘れた双子だ。彼女たちは非常に人間的に生まれたのではなく、同じ夢の中で目を開けた。一つの夢、一つの始まり、彼女たちはこのように千年離れた時代に生まれた。

彼女たちは現実の中で交流することはできませんが、月の光が明るく、すべてが静まり返った夜になると、彼女たちは夢の中で会って、お互いの喜怒哀楽を語ることができます。彼女たちは同じ夢、同じ姿、同じ疑惑を持っています…そして混乱した時間の流れの中でそれぞれの物語を探します。

時空錯乱の圧力を背負って、彼女たちは暗流が押し寄せた事件の中で真実を見つけなければならない。彼女たちの一人は時間をまたぐ恋人に出会うが、もう一人は裏切り者と出会う。しかし、闇がこのすべての背後に内包している恐怖は忘れ去られた真実である:彼女たちは実は同じ魂の2つの弁であり、時間の混乱によって分裂されている。

夢と現実の間、過去と未来の間で、ヴェネッサとサラは彼女たちの記憶を統合し、破片のような過去を寄せ集めて、彼女たちの魂の誕生の謎を明らかにし、時間の破砕を修復しなければならない。

ヴェネッサとサラの冒険は意外と啓示に満ちており、最後に自分の位置を見つけた。彼女たちは理解しなければならない:時間、間違いはありません、ただ1段の独特な人生、共有することができないのは経験だけです。生活の前で、唯一重要なのは自分を生きることです。

身分の謎を解き、時間の流れの秩序を見て、彼女たちは世界が彼女たちが思っていたよりも大きく、広いことに気づいた。この発見は、彼女たちにとって、間違いなく最も美しく、最も切実な悲しみである。

本書はゆっくりと展開し、千年の時空を閉じ込めた旅を述べ、愛情、背叏、自己発見の深遠な道を述べた。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注