雲の向こうで時間の贈り物

ジュリアンは清掃員で、彼の生活は極めて平板だ。ある日まで、彼は自分がタイムスリップできる特殊な能力を持っていることに気づいた。彼の世界は普通ではなくなり始めたが、彼は依然として控えめで、その秘密を1人だけに告白した。それは彼が深く愛している女性、イザベラだった。

イザベラは画家で、彼女はジュリアンを深く愛していたが、彼のタイムスリップの提案に抵抗し続けた。彼女は彼が彼女から離れて、彼女を残して一人で世界に直面することを恐れている。しかし、彼女はジュリアンが持っている能力が両刃の剣のようで、彼を刺すことも彼女を刺すこともできることに気づいたとき、彼女は彼の提案を受け入れて一緒に時間をかけることにした。

彼らは時間の長い川の中で一緒にたくさんの笑いと涙を経験して、愛も深くなって熱くなった。ある日まで、ジュリアンは病床に横たわっていたイザベラを救うために、彼らが初めて知った日に戻り、イザベラの健康を生涯で交換することを選んだ。

最終的に彼は成功して、イザベラは健康を回復して、生活は楽しくて、世界は依然としてこんなに暖かくて、時間は依然として前の道を歩いています。ただ、この世界には二度とジュリアンはいないし、イザベラもジュリアンが存在する日には行けない。

雲の向こうで、時間の贈り物は、愛情の最も暖かいイメージであり、犠牲の最も深い願いでもある。これは時間について、愛情について、犠牲についての物語で、愛は本当に万水千山、甚だしきに至っては時間の限界を乗り越えることができることを教えてくれた。ジュリアンとイザベラもこの愛を頼りに、それぞれ時間の長い川を独り歩きしていたが、命の果てまで手を取り合っていた。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注