迷宮を出た影

一つの世界には、人間のように独立した思考能力を持つ影がある。誰もが影を持っていて、彼らは人間に付き添っているが、束縛から抜け出すことはできない。彼らの運命は光に従うしかなく、彼らの生活は沈黙で人々の笑い声、sobbing、怒号が響く迷宮にすぎない。

この世界の主役、パーレイという影は、自分がこのような生活に飽きていると感じて、この束縛を外して自由にこの世界を探索したいと思っています。パレーは自分の運命の桎梏を憎んで、彼は若くて、有力で、しかし自分が寿命になってついに消える影になることを阻むことができなくて、夕日の下で、パレーは迷路の中でぶらぶらして、いかなる可能な出口を探しています。

しかし、迷路はそのように巨大で、頭尾が見えない。パーレイはこの迷路で自分を失い、耳元には世間の嘲笑と冷笑が響いた。彼は無力で、恐れていたが、彼の心の中の決心は終始妥協しなかった。そして、神秘的な音が現れ、「あなたの快適な場所から飛び出してこそ、本当の自分、本当の自由を見つけることができる」と、パレイは心を痛め、挑戦を受けることにした。

彼は計画を立て始め、主人に耳を傾け、行動に影響を与えた。この方法を通じて、彼は一歩一歩彼の運命に影響を与え、彼の生活を変えようとした。しかし、パレイは前を見ることができず、恐怖に直面し、自分の限界に挑戦しなければならなかった。

困難な努力を経て、パレイはついに迷宮の出口を見た。彼は孤独で迷いの影ではなく、自分の力を意識した。彼は他人の影ではなく、自分の主人だ。

若くて力強い影として、パレーは生活の選択、自己認識、自己挑戦を経験した。彼は生活の束縛から抜け出し、心の羅針盤を見つけ、自分の人生の主宰者になった。彼は人に希望を与え、気づき、生活、自分と運命の新しい理解を与えた。彼は私たちに、あなたが影であれ人であれ、あなたは選択し、挑戦し、あなたの夢を追う権利があることを理解させた。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注