『時間のささやき:ロスト・シティ』

フランク・アダムソンは、時間の中で迷子になった男で、一見しても不思議ではないが、未知への渇望に満ちた心を持っている。彼は意外にも時間旅行の可能性を発見した。時間の手がかりの中で、彼は大昔の時代にタイムスリップした。目の前に現れたのは歴史に忘れ去られ、神秘的で魅力的な都市だった。フランクは好奇心に満ちていて、子供のようにこの町を探索しています。

誰もが変わっていて、彼らの目には独特の神秘的な色が輝いています。祝日に人々は読めないが深く心を打つダンスを踊っている。古い建物の線に隠された謎の記号は、どれもまだ明らかにされていない秘密を暗示している。

彼がこの神秘的な都市に深く惹かれた時、驚くべき秘密が彼の前に明らかになった–この昔栄えた都市は満目創痍になるが、彼は、この都市の未来の破壊者である。彼は受け入れることができなくて、彼は受け入れることができません。彼は狂ったように時間のトンネルを行き来し、この悲惨な未来を変えようとした。

しかし、時間は両刃の剣であり、旅のたびに激変した歴史と嵐のような矛盾した感情の中でもがいていた。彼の妻、彼の友人、彼の敵、彼の責任、彼の罪、すべてが時間のささやきの中で急に浮かんで、詩を構成して、人を震撼させた。

最終的に、フランクはどのように選択しますか。彼はこの美しい都市を残すか、それとも破壊するかを選ぶだろうか。彼の決定は時間の力を証明し、彼の行動も時間のささやきを永遠の謎の国にし、読者一人一人が解明するのを待っている。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注