『光と影の交錯:反時計回りの彼方』

第1章

太陽の光が都市を渡る朝、科学者のアレクサンダーは彼の暗い小さなスタジオで、一人で気まぐれになり、無数の汗と忍耐を払ったマシンのそばに座っていた。その機械は、人類の歴史上の意味では、誰にも及ばないだろう。

今、彼の心は緊張に満ちている。彼は間もなくこのタイムマシンを起動し、人を過去に戻すことができるマシンを起動する。「もし時間が戻れるなら」。これは今日では、彼にとって悲しみを託す詩句ではない。

彼は画面上の日付を見ていた。5年前、その日、彼女が去った日。彼は慎重にスタートボタンを押し、目には期待と恐怖が輝いていた。

廊下の突き当たりには、見慣れた姿が目やに映っていて、彼女はそこにいた。すべては彼が思っていたように、彼は時間のトンネルを越えて過去に戻った。

しかし、時間旅行は彼が思っていたほど簡単ではなかった。彼は自分の過去、敵への復讐、彼の辛さ、彼の疑いに遭遇した。彼は彼女にすべての未来を教えるべきか、それとも沈黙を続けるべきか分からない。彼は起こったことを止めたり、自然に任せたりするべきかどうか分からない。

複雑な道徳的ジレンマに比べて、世界は彼に対する挑戦をさらに凌駕している。時間が変わるたびに、バタフライ効果が起こり、予測できない一連の結果を引き起こす。

そして、彼が全力を尽くして過去を変えようとする過程で、彼は、本当に変えなければならないのは、過去の事件だけでなく、彼自身の心かもしれないと気づいた…

『光と影が交錯する:反時計回りの彼岸』ここで神秘の序幕を開き、広大なストーリーを巻き、あなたの探索を静かに待っています…

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注