魂のゲーム:時間のパスワード

これまでジョセフ・アルバートは、辞書の中にかき集められた、無関係で切実な世界に生きてきた。彼の世界は彼によって作られ、歯車、時計、掛け時計、揺れ動くものからなっている。人々は彼を「時間の守護者」と呼んでいるが、彼の世界では時間こそが彼の究極の執着である。

ある夜、見知らぬ女性が彼の店に来た。彼女の目には深い悲しみがあり、時計と分針の檻から出られないほど驚いた。彼女の名前はサラで、彼女の魂は時間の淵に閉じ込められ、落日から新月までの時間差の中でしか生きられない。

ジョセフは彼女の苦しみを感じ、彼は彼の技術と知識でサラを救おうとすることにした。彼は時間感知を調整できる時計を作り始めた。彼はこの時計で彼らの時間を統一し、同じ時間の中で生活できるようにしたいと思っている。しかし、彼が発見したものの背後には、彼も理解できないほど大きな未知の世界が広がっていた。

しかし、愛は、抵抗できない力のように、彼を励まして前進させている。重い代償が伴っても、ジョセフは彼の愛のためにこの危険を冒したいと思っている。彼は彼らの時間を一致させる方法を見つけたいと思っていた。たとえ見たこともない危険に直面していても、予知できない冒険だった。

「魂のゲーム:時間のパスワード」は、愛、時間、犠牲、未知を敢えて追求する物語です。それぞれの花には香りがあり、誰もが自分の時間を持っていて、私たちが他の人と私たちの時間を分かち合うことにしたとき、私たちもそれぞれに何を捧げるかを決めました。時計職人の心に刻まれた哲理であり、それは一人一人に分かち合いたい秘密でもある。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注