血月の秘密

エリヤはこれまで平凡な村の女で、彼女が予想外の魔力を持つことを指し示す兆候は何もなかった。しかし、彼女の二十歳の誕生日に、彼女が誕生日ケーキのロウソクの火を吹き消したとき、彼女の手から静かな血の赤い光が射出し、ほとんど家全体に火をつけた。

これは彼女の一生を変えた。彼女は気が狂うように自分の能力を調べ、理解し始めた。最終的に彼女はイルグッド博士という廃棄研究を見つけた。彼の研究によると、この魔力はヴォルデモートによって作られた人にしか現れないことが明らかになった。

動悸がして、エリヤは勇気を出して危険に満ちた血月の城に行き、冷たくてずるいと噂されているヴォルデモートを探した。しかし、彼女は城の門に足を踏み入れると、銅色の壁と風に漂う血生臭いにおいに惹かれた。危機に瀕した城に隠されているのは誰も知らない秘密だ。

ヴォルデモートの居場所に向かう途中、いつしかエリヤは彼に恋心を抱き始めた。彼のとがった顔と熱い目は彼女の心に深く刻まれている。冷淡な城の主人と熱血なエリヤの間の懐旧と渇望は、奇抜な恋曲を構成している。

彼らの恋は盛んに行われ、エリヤは自分の能力にも慣れてきた。しかし、ヴォルデモートは過去の悪行に縛られており、エリヤは彼を過去の影から抜け出させ、再び始めることができるだろうか。彼らの物語は、血月のように神秘と魅力に満ちている。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注