心海の浜:時のダンサー

阿瑞、心海の浜に生まれた平凡な家庭で、一生海に憧れ、自由に憧れていた。しかし愛するエレアは、戦争のまん延で重病に陥った。世界の反対側には、「時間のダンサー」という謎の魔法が存在し、それは人を時間を通り抜けることができ、エリヤを救う方法を見つけることができるかもしれないという。

そこで、アリは故郷を離れ、未知の旅に出た。途中、彼はいろいろな苦しみを経験し、いろいろな友人にも出会った。彼らは一緒に戦い、一緒に笑い、共に霧をかぶった未来に直面した。

しかし、時間の流れには未知が満ちている。彼はエリヤの過去を見て、世界の未来も見た。通り抜けるたびに、彼の生と死はさらに焦り、選択のたびに、一連の衝突と混乱を引き起こした。彼は自分の意思決定で人々の運命を変えたが、時空の渦に迷い込んできた。

時間の終わりに、彼はエリヤの正体である故郷、心海の浜の女神を見た。彼女は人間として降臨し、この世界を敬愛し、アリを愛した。病気の痛みさえも、彼女がこの世に残ることを選んだ代償だった。

愛する人のこのような偉大な愛に、アリは少し耐えられない。彼は全力を尽くして、手の中のボトルネックを放して、時間の魔法を完全に解放させた。彼はエリヤにキスをして、そして彼らは一緒に時空の中に消えた。

戦争が終わり、病気が消え、エリヤもアリも消え、伝説だけが残った。彼らの伝奇的な物語は心の海のほとりに伝わり、未来の億万人の心の中の希望と信念となった。

アリの冒険は、時間、愛、命の歌の記憶である。時間には限界があるが、命は短いが、愛は永遠であることを教えてくれる。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注