夢の向こうの記憶

小さい頃から、私は星の海を渇望していました。私は、ある天文学者ですが、意識の宇宙、夢に夢中になっています。毎朝目が覚めると、私はいつも私の夢を覚えています。それらは時間の砂漠に散らばっている星のように、私はそれらをリンクするだけです。

ある日、私は奇妙な夢を見た。私はある女性を見た。彼女の目は私が研究していた未知の銀河のように深い。私たちは見知らぬ世界の芝生に座って、宇宙の神秘について話しています。私が会ったことのない彼女は、私といろいろなつながりがあるようだ。私はこの夢に長い間悩まされていた。私は彼女を取り戻し、私の夢を取り戻した女性を取り戻す必要がある。

私は時間の奥義を研究し始めて、時間旅行を通じて彼女を取り戻すことを望んでいます。しかし、これは知られざる暗黒勢力を招いた。彼らは私を見つめ、研究をやめるよう脅した。しかし、私はできません。私は諦められません。

そこで、私は逃亡者になり、私のタイムマシンと彼女の記憶を持って、彼女を探す旅に出た。私は大火、氷結、戦争を経験し、様々な人にも出会いました。彼らは私に生きる真の意味、愛の深さ、そして、犠牲を教えてくれた。その過程で、私はゆっくりとこのすべての冒険の意味を理解して、私はもう逃げないで、私は直面し始めました。

私の旅は終わらなかった。私は生活の奥義を悟ったが、私はまだ彼女を見つけていない。しかし、私はすでに時間の砂漠を出て、私は彼女を見つけることができます。なぜなら、私はすでに彼岸の道を見つけたからです。それは夢に導き、真実に導き、その遠い世界に導き、彼女に導く道です。

私が彼女を見つけることができるかどうかについては、私には答えはありませんが、私は前進します。私は、私たちの間の接続が時間と空間を超えていることを知っています。私の一人の旅と同じように、彼女も私の夢であり、私の未知の宇宙でもあります。

記憶は、私の唯一の方向であり、私は夢の向こう岸を迎えることができて、それは私の唯一の落ち着き先です。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注