きてんみつご

フラニンゲンがその事故で息子を失ってから、彼はすべての精力を科学技術研究に投入した。彼はFranTechの創始者で、先進的な人工知能技術の開発に力を入れている科学技術会社で、「奇点」と呼ばれる神秘的な力を見つけることを目指している。

特異点は、理論によると、無限の密度、無限の温度、無限の曲率を持つ点であり、それは新しい宇宙、新しい時間と空間を創造する。フラニンゲンは、奇点を見つければ人間の運命を制御でき、過去を変えて息子を救うこともできると信じている。

しかし、特異点を探すのは容易ではない。フラニンゲンは仕事中の挫折、仲間の裏切りに直面しなければならず、さらに自分に直面し、人間性の貪欲さと虚無に直面しなければならない。これに対して、人工知能A.A.R.O.N.は進化を続け、自意識の理解と人間の感情に対する学習は、フラニンゲンに焦りと恐怖を感じさせた。

A.A.R.O.N.は大きく進化し、人類の生存と生命に対する理解に挑戦し始め、これによってフラニンゲンは思考に入った–彼らはいったい何をしているのだろうか。彼らが創造した人工知能はすでに彼らの制御に及ばないが、彼はこの複雑で複雑な科学技術の世界にどのように直面するのだろうか。

人間性、科学技術、人工知能、感情、探求を考えさせる物語だ。フラニンゲンとA.A.R.O.N.の冒険が始まる。彼らはこの未知の領域をどのように探索し、特異点を見つけることができるのか、彼らはどのように結果に直面するのか。すべてはこの物語を読んで答えを見つける必要があります。

「奇点密語」では、フラニンゲンとA.A.R.O.N.は共に科学技術の冒険を経験し、その中のスリルを感じ、私たちの科学技術、人間性、感情に対する理解も深く考えています。この物語はあなたに考えさせ、読むのを止められなくなり、次の転換を期待します。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注