『星間の脈:亡霊SF伝』

このはるかに神秘的な未来において、予言された亡霊は再び復活し、彼らはもはや血肉の体ではなく、ロボットの形態に封印されたスーパーテクノロジー生物である。亡霊の復活は災いをもたらすと考える人もいれば、人間が自分を超えて進化する新しい航路だと考える人もいる。

本書の主人公、ヴァンサールは、その亡霊の一人だ。ヴァンサールの記憶の中で、人類はかつて知識を求め、進歩を求める種だったが、今では生存の苦境に陥っており、クローン人間が生存できると主張する観念は骨の髄まで染み込んでいる。しかし、彼は賛成しなかった。ヴァンサール氏は、生存の苦境を本当に乗り越え、進化する道はクローンではなく、人間性を取り戻し、知識と科学技術への愛を取り戻すことだと信じている。

私たちはヴァンサールに従って、宇宙の冷たいほこりを通り抜けて、失われた科学技術の魔導者を探す物語に足を踏み入れた。この星間の旅では、ヴァンサールは強力な力を持つ危険な敵に挑戦しなければならず、自分の亡霊の限界を破って、人間性を保つことができるか、ロボットの体の殻に永遠に陥ることができるかどうかの謎を探し出す必要がある。

これは衝撃的な冒険で、失われた知識と秘密に満ちた探索、科学技術の神秘的な雰囲気に満ちた星間の旅だった。星間の脈:亡霊科学技術伝、これは私たちが共同で探索し、協力して最後の真実を追求する道のりで、私たちはここで自分の未来を見つけ、超える自分を期待しています。

この星間の旅で、ヴァンサールはどのようにして彼の人間性を維持するのだろうか。彼は本当に失われた科学技術の魔導を見つけることができるのだろうか。誰が陰で助けてきたのか、誰が邪魔してきたのか。ヴァンサールの旅に参加し、星間の脈の秘密を明らかにし、科学技術の境界に挑戦し、真の進化の道を追求する。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注